柴舟小出

かしこと最中屋

あんこの美味しさを楽しめる、最中の専門店「かしこと 最中屋」

「かしこと 最中屋」では、作りたての最中を味わっていただくため、注文をいただいてから、皮を炙って香ばしさを引き立て、店主こだわりの大納言と小豆で作ったあんを詰めてお出ししています。

最中はとても繊細な和菓子。作ってから時間が経つことで、食感や味はみるみる変化していきます。
中に詰める「あんこ」は、香り、舌触り、甘味など小豆の違いが楽しる「アカネ大納言」「能登大納言」「きたのおとめ」「きたろまん」四つの粒あんを、それぞれの豆にあう糖度のバランスで仕上げています。

「かしこと最中屋」でしか味わえない最中をどうぞお楽しみください。

かしこと最中屋誕生のきっかけ。
柴舟小出とジャパンクリエイティブの取り組み

柴舟小出は、日本の創造性を国内外に広く発信することを目的とする活動体のジャパンクリエイティブに2012年より参画し、フランス人クリエイターのポーリーン・デルトゥアとの共同プロジェクトで新しい和菓子作りにチャレンジしました。
2013年パリ、2014年フランクフルトの国際展示会で発表し、和菓子の美しさと技術力を高く評価され、多くの刺激を受けると共に、もっと「和菓子の美味しさ」を知ってもらいたいという気持ちが深まりました。このプロジェクトがきっかけとなり、かしこと最中屋が生まれました。

http://www.japancreative.jp/

↑ pagetop